買取専門店 笑福 福間店では、はがきもお買取します。

福岡県福津市にございます、買取専門店 笑福 福間店です
本日も、多くのお客様にご利用いただきまして、誠に
ありがとうございます。

 
はがきをお買取り致しました!
買取専門店 笑福 福間店では、はがきもお買取します。
額面変更前の、旧のものもお買取り可能です。
書き損じたはがきも、お買取りできる場合がございますので
捨てる前に是非一度 笑福 福間店へお持ちください。
 
日本では江戸時代に全国的に諸街道が整備され、特に
江戸後期には飛脚による通信網が形成され近在や遠隔地
との書簡による公的・私的な情報伝達が行われていました。
 
書簡の中には、近代以降のはがきに相当するような、
書式も単純で儀礼性が薄く口頭伝達の代用手段として
用いられた簡易書簡も存在した。これらは飛脚以外にも
使用人や家族を介しても伝達が行われ、郵便制度の確立以から
簡易書簡による情報伝達が盛んであった[2]とみることも可能
です。
 
こうしたことと関連づけて、後の郵便制度確立以降の
ヨーロッパ諸国と日本の郵便物に占めるはがきの割合を比較し、
ヨーロッパ諸国が5パーセントから20パーセントの割合であるのに
対し日本は40パーセントを超える高い割合であることを指摘する
研究もあります。
 
このような近代以前の通信文化を背景に、明治に入ると交通が
さらに発達するとともに政府による郵便制度が開始され、当初は
切手制度(すなわち料金の支払いを示す切手、宛先を記す封筒、
本文を記す便箋の三点を用意して送る封書による郵便)が先に
スタートするが、まもなく一枚の紙が切手、封筒、便箋の三役
を兼ねる官制はがき制度が導入されると簡単な内容を手軽に伝達
できることで人々の間に浸透しました。
 
また、明治後期には絵葉書が流行し、はがきは私的な通信手段
のみならず時候のニュースを伝えるメディアとしても発達しました。
今は携帯電話が発達して簡単に連絡を取れる時代です。
ほんとに、偉人達に感謝ですね!
 

はがき以外でも、切手、収入印紙等も買取専門店笑福福間店

ではお取り扱いしています。

お気軽にお電話、メールにてお問い合わせください。

 

 

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

【買取専門店笑福 福間店】
買取専門店 笑福 福間店では、はがきもお買取します。
〒811-3209
福岡県福津市日蒔野5丁目5-1
ルネス・プリムローズ103
フリーダイヤル:0120-48-2901
TEL:0940-62-5808
FAX:0940-62-5809
営業時間:10:00~19:00 不定休
アドレス:fukuma@syoufuku-kaitori.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。