古銭?台場通宝を宅配買取にてお買取!

筑後地方の皆様!こんにちは!

久留米市野中町、久留米合川郵便局近く、高良川バス停そばにあります買取専門店笑福久留米店です。

久留米市、八女市、朝倉市、うきは市、筑後市、みやま市、小郡市、柳川市、大牟田市などの筑後地方から数多くの来店頂いております。ありがとうございます!

本日の久留米市の天気は朝から雨が降っておりますが、徐々に晴れに向かうとの予報がでております。

当店は本日も休まず、10:00~19:00まで営業中です。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

余談ですが、11月よりアロマディフューザーを導入致しました!

店内アロマの香りで落ち着ける空間となっておりますので、是非一度来店してみてくださーい。

さて、お買取品のご紹介です。

古銭?台場通宝をお買取!

台場通宝 買取専門店笑福久留米店

こちらの台場通宝は神奈川県の方より宅配買取にてお売り頂きました!

いかにも古そうな外観をしていますよね。

表に二百五十文と記載があります。ちなみにですが、今の価値でどれくらいかというと、

調べたところ、江戸時代平均の一文の金額が16.5円ということでしたで、二百五十文で4,125円となります。

二百五十文で当時何ができるかとうと、宿への宿泊費(1泊2食付)だったり、上酒(一升瓶)や米3.75㎏を購入できるくらいとのことでした。

今の5000円くらいのイメージですかね。

しかしながら、台場通宝は実は、、、

台場通宝は実際は使用されていない?!

台場通宝 売却 査定 古銭 買取専門店笑福久留米店

台場通宝は、江戸時代後期に台場(砲台)構築に携わった人への人足費として使われたという幻の通貨だそうです。

とはいっても、江戸時代後期、実際に台場通宝は幕府の金銭的な理由により鋳造されていません。

では、この台場通宝とは一体何なのか?

大正初期に東京の鋳物屋が作り、空想貨幣として古銭愛好家へ売り出したものという事実が残っており、

おそらくこれは、その時のものだと推測されます。

このように、何かわからないような古銭もお調べし、査定致します。※調べてもわからないものもございます。

代々伝わる蔵の中から何かわからない古銭が出てきたから価値が知りたい!祖父から古銭をもらったけど、どれくらいの価値になるんだろう?など古銭について価値を知りたいもしくは売却を考えているという方は、ぜひ一度買取専門店笑福へお越しください。

査定料は無料です。査定だけでも大歓迎ですので、遠慮なくご来店ください。

皆様のご来店を、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。