うきは市のお客様よりプラチナのダイヤ0.53ct付き立て爪リングを売却頂きました!

ダイヤモンドリング1カラット鑑定書がなくても買取可能でございますのでお気軽にお持ちください。

西鉄バス高良川バス停すぐそば、322号線沿いにございます買取専門店笑福久留米店です。

当店は年中無休で休まず元気に営業中です。

本日も10:00~19:00まで営業中ですので、皆さんのご来店を心よりお待ちしております。

今日の朝、とある番組を見ていたら東京で桜満開宣言が発表されたことを受けて、東京各所の桜の名所の取材があってました。

壮絶な花見の場所取りや最近の花見事情を知ることができ、花見に行った気分を味わいました(笑)

東京では今週末が花見のピークとのことでしたが、久留米でも近くの桜の木を見ていても今週末がピークだろうと思います。

桜がきれいに咲いているうちに、花見ができたらなと思ってます。

さて、先日のお買取品のご紹介です。

立て爪 Pt900リング ダイヤ0.53ctをお売り頂きました

ダイヤモンド 立て爪リング

うきは市のお客様よりダイヤ0.53ct付きのプラチナリングをお売り頂きました。

一緒に保証書が入っていましたので、購入日を見たら、昭和54年。

今から39年前になります。お客様に聞いてみたら、婚約指輪としてご主人に買ってもらったとのことでした。

数回はめてはみたけど、立て爪リングということもあり、付けて何も(家事など)できないからとなおしたままになったとのことでした。

確かに、立て爪リングは突出した構造になっているので、引っかかるため、普段使いには向かないですよね。

30年以上もなおしたままになっていたこちらのダイヤモンドリング。

可哀想ですが、長期間出番がない状況でしたが、今回笑福久留米店でお買取することにより、ダイヤモンドも新たな製品に生まれ変わり、普段からダイヤモンドを身に着けて下さる方のもとへと流通します。

つまり、笑福へ売ることによって、ダイヤモンドを必要としていない人からダイヤモンドを必要としている人へ渡ります。

結果的に、売り手は不要なものが現金になってハッピー、買い手は欲しいものが手に入ってハッピーとなり、どちらにとっても良いことになります。

鑑定歴10年の鑑定士が常駐してますので、鑑定書が無くてもOK

ダイヤ プラチナ リング

笑福久留米店には、鑑定歴10年の鑑定士が常駐しておりますので、鑑定書が無くても査定可能です。

お店によっては、鑑定書が無いと査定できませんというところもあるようですが、笑福なら鑑定書が無くても問題ございません。

鑑定書が無いから売れないやと思わないでくださいね。

ダイヤモンドの蛍光性について

ダイヤモンドの蛍光性

今回お持ちいただいたダイヤモンドにブラックライトを当ててみると、真っ青にダイヤモンドが染まりました。

これは、ダイヤモンドの「蛍光性」を見てます。「蛍光性」は結晶構造の乱れにより生じると言われています。

人工のダイヤモンドには強く蛍光するものはないことから、蛍光性はいわば天然の証ともいえます。

「蛍光性」の強さには、下記の5つがあります。

  1. None(なし)
  2. Faint(弱い)
  3. Medium(中)
  4. Strong(強い)
  5. Very Strong(とても強い)

査定額には、蛍光性が強くなるほど減額となります。

3月4月はダイヤモンド買取強化月間です!

この時期、4月の誕生石ダイヤモンドの需要が高まるため、1年の中でも特にダイヤモンド買取を強化しております。

少しでも高く売りたいなら、需要が拡大する今です!

是非笑福へお越しください!

下記は関連記事となります。ご参照していただければ幸いです。

笑福は3月ダイヤモンド製品の買取強化致します!特に1ct以上探してます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。